映画

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ The Founder

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」は、マクドナルドのフランチャイズ展開の軌跡を描いた映画。

以下、ネタバレなのでご注意を。(感想と備忘録メモです。)











シェイクミキサーのさえないセールスマン「レイ・クロック」が、ディック&マック兄弟が経営するハンバガー店に出会い魅了される。
自動化されたスピードシステムにより高品質のハンバーガーをたった30秒で提供していることに魅了され、惚れ込み、壮大なフランチャイズビジネスを思いつく。

利益を追求するがゆえ、クロックと創業者のディック&マック兄弟との関係は徐々に悪化。
最終的に、革新的なアイデアを考案した創業者ディック&マック兄弟は「マクドナルド」を乗っ取られる。

ただ、レイ・クロックがフランチャイズ展開を「執念」と「覚悟」をもってやりきらなければ、マクドナルドが世界規模のビックカンパニーにならなかったかもしれないのがビジネスの真髄なのであろう。

世の中に「執念」に勝るものはない
「才能」があっても
成功できない者はゴロゴロしてる
「天才」も報われないのが世の常だ
「学歴」も賢さを伴うとは限らない
「執念」と「覚悟」があれば無敵だ

巨大企業の成長の裏には、良かれ悪かれ経営者の「執念」がやどっているのであろう。

マクドナルドはハンバーガーのイメージしかなかったのだが、一番の収益源は土地のリース益とのこと。
フランチャイズ事業の真骨頂なのかもしれない。
金融、不動産業などのマクロな視点が経営にはもとめられる。
薄利多売の事業計画を描くことも大切だが、巨大カンパニーに育て上げるには既得権益を牛耳るアイデアが必要なのかな。

ちょっぴり、考えさせられる映画だった。

  • この記事を書いた人
うたたぞう

うたたぞう

20代エンジニアです。

-映画

© 2020 うたたログ